『The Round Table』は、食と農に特化した
国内外の新しい動向を探るウェブ・メディアです。

食べ物を「素手」で触って良い?悪い?

米国カリフォルニア州を中心に、シェフや職人が、食べ物を「素手」で触って良い?悪い?という議論が巻き起こっています。
ご想像のとおり、議論の中心には「寿司」があります。
アメリカ人からすると、ナマ(加熱しないで食べる)食材を、手でベタっと触っていて不衛生に感じるのでしょう。こうした批判から、「飲食店の調理従事者は、食材を直接触らないようにしなさい(ビニール手袋しなさい)」という法律ができたのですが、全てのシェフやバーテンダーまでが巻き込まれるため、その適用範囲や内容について論争になっています。
今のところ「素手で触ってはいけない」ではなく、「素手で触るのは”必要最低限”に」という内容で落ち着くようですが、一方で、衛生管理や安全に意識の高い消費者層からは、依然反対もあるようです
寿司だけでなく、日本料理は盛り付け時の手作業が多いですし、おにぎりも、ピザも、点心も、人気の食べ物には、細かい手作業が必要なものが多いので、この論争は注目ですね。
また、こうした懸念を払拭すべく、日本の衛生管理ルールや、飲食店内の衛生的な作業手順自体がノウハウとして輸出できるかも知れません。

金田光市多摩大学経営情報学部卒。株式会社アイ・エム・エー…

岩崎 亘静岡県伊豆地方のみかん専業農家の長男。早稲田大学…

藤本 真狩神戸大学経済学部を卒業後、京都大学医学研究科在籍…

二瓶 徹大学院で農学と社会学を専攻し、農水省所管法人にて…

キクチ シン金融業界やコンサルティング業界から、農畜水産・食…

More Innovators
20140630
フード・イノベーターズ・ミートvol.02(2014年6月30日開催)
フード・イノベーターズ・ミートvol.02を2014年6月30日に開催します。 今回のテーマは、「海外の農業を知る」。 第一弾と…