『The Round Table』は、食と農に特化した
国内外の新しい動向を探るウェブ・メディアです。

カンボジア、スパイス王国復活ののろし。

編集部メンバーが現地生産者から調達してきた、カンボジア産「粒白胡椒」について。

 

かじると、ビックリするくらいフレッシュな薫りと痛いくらいのカラさ。
食感もソフトで、口の中で粉末になるみたいにほわっと溶ける。

あーいつも使ってる胡椒(テーブルコショウ)は一体なんだっただろう、と。

 

あまりに美味しいので、いろいろと調べてみると…
カンボジアは古くから胡椒やスパイスの名産地で、1960年代までは
「カンボジア産=世界最高品質」として知られていたそうだ。

しかし、1970年代に始まった内乱により、産業として著しく衰退し、
一時期は「栽培方法まで失われた」、とまで言われていたもの。

 

1990年代後半になり、カンボジアの産業育成や雇用創出策の一環として
農業強化が打ち出され、ようやく「胡椒」も取り組まれるようになったのだが、
その立役者の一人が、日本人であったことはあまり知られていない。

 

その日本人こそ、「クラタ・ペッパー」の倉田氏。
クラタ・ペッパー http://kuratapepper.com/index.html

 

NGO職員だった頃から、カンボジアの産業活性化支援の「タネ」を探し、
行きついたのが、この「胡椒」をはじめとするペッパー類の栽培だったとか。

今では「クラタ・ペッパー」といえば、最高品質のトップ・ブランドとして、
欧州を中心に展開されているそうだ。

 

現時点では、「クラタ・ペッパー」などブランド化ができている一部を除いて、
大半がタイに輸出され(残念ながら、タイ産として)世界に流通しているのだが、
カンボジア政府もいよいよ、カンボジア産胡椒のブランド化に本格的に取り組むようだ。

 

こうしてみると、フェアトレードとか途上国支援なんてカッコいいことを言わなくても、
「良いモノ/価値ある産業」は必ず復活する。復活させるために尽力する人が必ず出てくる。

 

そう信じて、私たちもこうした活動をもっと加速させていきたい、と改めて思えた。
ということで、カンボジア産「最高品質の胡椒」に感謝。

 

(The Round Table編集部)

藤本 真狩神戸大学経済学部を卒業後、京都大学医学研究科在籍…

岩崎 亘静岡県伊豆地方のみかん専業農家の長男。早稲田大学…

中島 沙織バイオテクノロジーの専門学校を卒業後、嫁ぎ先の群…

キクチ シン金融業界やコンサルティング業界から、農畜水産・食…

金田光市多摩大学経営情報学部卒。株式会社アイ・エム・エー…

More Innovators
20140630
フード・イノベーターズ・ミートvol.02(2014年6月30日開催)
フード・イノベーターズ・ミートvol.02を2014年6月30日に開催します。 今回のテーマは、「海外の農業を知る」。 第一弾と…