『The Round Table』は、食と農に特化した
国内外の新しい動向を探るウェブ・メディアです。

投資家が注目する、食流通ビジネス。

日本でも激化する、「即日配送」競争。アメリカでも投資家の熱い視線が集まっています(http://mashable.com/2014/04/10/food-startups-funding/)が、特に、生鮮食品をいかにスピーディに届けるかが最近のホット・トピックです。

 

有名なところでは、Amazonが野菜や肉類などの生鮮食品、加工食品、日曜雑貨などスーパーマーケットにあるものを即日配送する「Amazon Fresh」を、現在展開しているシアトルとカリフォルニアから、さらには他地域・他国にも展開するのではないか、という見込みが強まっています。

https://fresh.amazon.com/welcome;jsessionid=2D4A858C25CD26D0F580F29A109F59FD

 

一方で、アマゾンのような大手だけでなく、ベンチャー企業が中心となって、1時間以内に生鮮食品が届くサービスを次々と生み出しています。

例えば、このInstacartの「Shopper」という仕組み。

http://www.evtechwatch.com/2014/04/ec1instacart.html

 

物流センターを構えず、顧客から注文が入れば「Shopper」という登録スタッフがすぐにスーパーに向かい、買い物を行うというもの。忙しい家庭には助かるサービスですし、買い溜めしないで済むので経済的でもありますね。しかし、仕組み的には「買い物代行」なので、代行手数料が乗る分、店頭価格よりも10~30%近く高くなってしまうそうです。

スピードの価値は価格を上回るメリットとも言えますが、これから生鮮の取り扱いを強化するコンビニやスーパーも多くあり、「便利が安く手に入る」日本の街ではどこまで普及するでしょうか?注目です。

 

 

キクチ シン金融業界やコンサルティング業界から、農畜水産・食…

中島 沙織バイオテクノロジーの専門学校を卒業後、嫁ぎ先の群…

二瓶 徹大学院で農学と社会学を専攻し、農水省所管法人にて…

藤本 真狩神戸大学経済学部を卒業後、京都大学医学研究科在籍…

金田光市多摩大学経営情報学部卒。株式会社アイ・エム・エー…

More Innovators
20140630
フード・イノベーターズ・ミートvol.02(2014年6月30日開催)
フード・イノベーターズ・ミートvol.02を2014年6月30日に開催します。 今回のテーマは、「海外の農業を知る」。 第一弾と…