『The Round Table』は、食と農に特化した
国内外の新しい動向を探るウェブ・メディアです。

食べ物の中の「化学物質」の見える化が進む。

野菜や食べ物に、 農薬が含まれているのでは? 身の回りあるものに入っている化学物質が体によくないのでは?

 

農薬や化学物質は「目に見えない」ぶん、心配になる人も多いのではないでしょうか。そんな方に朗報。

CDx Lifeが開発した「MyDx(My Diagnostics)」 というアナライザー(解析機)では、食品や液体、空気中にある化学物質を検出することができるそうです。

https://cdxlife.com/

 

使い方は簡単。スマホを起動→アナライザーを作動→アナライザーの中に調べたいものを入れる→測定開始となり、スマホに結果が表示される。これだけ。

 

センサーは4種類。

「OrganaDx」センサー:食品内の有機物を測定・検知。

「AquaDx」センサー:飲み物に含まれる有害な化学物質を検出

「AeroDx」センサー:空気の質を測定(EPAというインジケーターが使われていて、大気内の特定の化学物質を検知)

「CannaDx」センサー:大麻に含まれる特定の物質を検出し、がん患者の治療などに役立つ成分の量、安全性をテストする。

 

食べ物、飲み物、空気に含まれる有害物質の「見える化」で、かえって不安になる気もするけど(笑)、より「安心・安全な食社会」を構築するのに大きく貢献する技術であることは間違いないでしょう。

キクチ シン金融業界やコンサルティング業界から、農畜水産・食…

岩崎 亘静岡県伊豆地方のみかん専業農家の長男。早稲田大学…

中島 沙織バイオテクノロジーの専門学校を卒業後、嫁ぎ先の群…

藤本 真狩神戸大学経済学部を卒業後、京都大学医学研究科在籍…

金田光市多摩大学経営情報学部卒。株式会社アイ・エム・エー…

More Innovators
20140630
フード・イノベーターズ・ミートvol.02(2014年6月30日開催)
フード・イノベーターズ・ミートvol.02を2014年6月30日に開催します。 今回のテーマは、「海外の農業を知る」。 第一弾と…